外資系転職をした場合のメリットやデメリットとは

外資系転職をした場合のメリット

日本企業と比べて給与が高かったり実力があれば認められたりするのが外資系の企業です。日本企業は給与が年功序列になりやすくて、いくら実績を残していても給与に反映されることは少なくなります。その点、外資系で働ければ実力に応じた給与を受け取れる可能性があります。そのため、実力があってすぐに認められたいと考えていたり、給与をできるだけ多く受け取りたいと考えていたりするなら、外資系転職をした方がその希望を叶えやすくなります。

また、ワークスタイルに縛りが無いのも特徴のひとつです。例えばフレックスタイムを導入して勤務時間や服装が自由になるなど、働きやすい環境が日本企業よりも整っている場合が多くなります。もちろん日本企業にもフレックスタイム制を導入していたり服装が自由になっていたりすることもありますが、外資系の企業と比べると少なくなります。そのため、自由な働き方をしたりするなら、外資系の企業の方がメリットが多くなります。

外資系転職をした場合のデメリット

外資系転職をした場合のメリットはたくさんありますが、デメリットがまったく無いわけではありません。例えば、実力主義な傾向が強いため、競争が激しくて常に成果を出していかないといけません。もし、成果をあまり出せていないと、給与が上がらず常にプレッシャーを受けることになります。また、外資系の場合、社内の従業員や取引先が外国人になるので、会話のほとんどが英語になってしまいます。英語が問題なくできるならいいですが、日常会話程度の英語レベルだと外資系で働くのも難しくなります。

経理の転職を考えた時にあると有利な資格は、簿記2級以上、給与計算実務能力検定、FASS検定レベルB以上などです。