知っておこう!外資で働くメリットとデメリットとは?

外資で働くメリットとは?

外資は、海外の投資家による資本のことを指します。外資系の企業は、海外からの出資をうけている日本の企業です。外資系企業は実力主義という特徴を持っています。そのため、たとえ新人であっても頑張り次第では適切な評価を受けることができます。年齢や性別などにとらわれずに、自分の能力が評価されるのがメリットです。能力に応じて昇進や昇級などが望めるため、スピード出世も期待することができます。また外資系企業は残業が少ないのも特徴の一つです。

外資系企業では残業をするということは勤務時間内に業務を片付けることができなかったということになり、能力が不足していると判断されます。効率の良い仕事を求められるため、残業が少ないというのが外資系企業のメリットです。

外資で働くデメリットとは?

外資系企業で働くデメリットとしては、能力不足の場合には出世が難しいという点です。外資系企業は実力と即戦力が問われるため、能力が劣ると判断された場合や仕事の上で大きなミスをしてしまうと減俸などのペナルティを受けることもあります。自分のスキルを十分に活かすことができれば大きく活躍することができますが、逆にスキルが不足している場合には努力を怠ると企業の中で上を目指すことが難しいです。常に前向きにスキルを磨くことを念頭に置いて行動をしないと、仕事に対する意識が低いと評価されてしまいます。

また自分の意見をしっかりと主張することができないと評価を下げることにつながるので注意が必要です。誰にでも等しくチャンスが与えられますが、そのチャンスを活かせるかどうかは自分次第のため、外資系企業は良くも悪くも能力第一主義ということになります。

外資 ITは、国内外の法人や個人を対象に多方面のサービスを展開しているところが多く、SEをはじめとしたスペシャリストが活躍しています。