就業先は選び放題?工場の求人事情について学ぼう!

繁忙期は派遣会社を介して臨時工員を多く求める

工場の求人は大別すると通年雇用と期間雇用があります。このうち期間雇用は工場ごとの繁忙期に限って必要となる人員を確保するのが目的です。繁忙期の工場は24時間体制で生産を行っているので、それだけ必要な人員も多くなります。生産業務が滞らないように全国各地から人を集めることも珍しくありません。かつては工場の運営会社がそれぞれ独自に雇用していましたが、現在では派遣会社がいくつもの地域から人を集めてそれぞれの工場に割り振る形が主流になっています。派遣会社を経由した工場での勤務は働く側、工場の側双方にメリットがある仕組みです。働く側は待遇や仕事内容で選択することが容易になり、工場の側も雇用に関する責任を派遣会社に追わせることで法的なリスクを軽減できるのです。

車両や機械操作の免許を持っていると有利

工場での仕事はその多くが何らかの免許、資格を必要としています。特に多くの荷物を効率的に扱うことができるという理由で、車両や機械操作に関係する免許の所持者は厚遇される傾向があるのです。仕事内容によっては特定の免許や資格が必須というケースもあるので、選択肢を増やす意味でも免許や資格を持って損はありません。工場での仕事に関してはフォークリフトや小型クレーン、玉掛けなど荷物の運搬に関する作業の免許や資格が重宝されます。また、業種によっては薬剤や危険物の取り扱いも必要になります。そのため、工場で働くには仕事内容に適した免許や資格を持っていることが重要な条件と言っても過言ではありません。

utエイムの求人情報なら