いろいろな働き方がある!?期間工の立場を選ぶなら

直接雇ってもらうのが基本となる

特定の工場で、期間工として働く場合は、いろいろな選択肢があるので覚えておきたいところです。とは言え、基本的には直接雇用が望ましいでしょう。事実として、いろいろな地域にたくさんの工場地帯がありますが、そこから出ている求人情報は、概ね直接雇用となっています。例えば6カ月間だけの期間工といった形で、契約社員等のような契約のもと働くようなケースが多いです。その際には、たとえ短い期間でも、働くことになるわけですから、集中して働かせてもらうようにしましょう。その短い間に、スキルや経験を手に入れて、まとまったお金もしっかりと手に入れられるように意識しておけば、無駄な期間にならずに済みます。場合によっては、かなり大きなお金を作ることも可能です。

人材派遣会社を通すのも1つの手となる

それから、直接雇用以外のパターンとしては、人材派遣会社を通すといったものがあります。特定の人材派遣会社では、出稼ぎ労働者のような形で、特定の工場の現場で期間工として働かせてくれるようなところも多いです。そういった類の会社をうまく見極めて働きたいのであれば、最初に評判を確認させてもらうと良いでしょう。できるだけ給料が良く、なおかつ福利厚生も充実している特定の会社でプロフィール登録をすれば、安心して働くきっかけにもなります。いろいろな人材派遣会社の評判をチェックして比較し、1番魅力を感じられる、条件の良い会社に登録をするのが基本中の基本です。アルバイトよりも時給が高い傾向があるので、そういった意味でもやる気を出しやすいでしょう。

期間工は、正社員のようなボーナスや手当が支給されないことがありますが、特殊技能を持たない人も住み込みで働けたり、契約終了時に慰労金が出たりといったメリットがあります。