自分に合っている?非常勤医師のメリットとデメリットについて

非常勤医師として働きたい!

現在、転職を考えている医師の中には、非常勤医師として働くことを考えている方も多いと思います。非常勤という働き方にはメリットとデメリットがあるため、転職する場合は両方の面を良く知っておく必要があります。

非常勤で働くメリットは?

パートやアルバイトとして働く非常勤のメリットは、常勤に比べて精神的なストレスや体への負担を大幅に減らせるという点です。常勤のように拘束時間が長くありませんし、非常勤ならオンコールによって夜中などに呼び出されることもありません。逆にオンコール待機の非常勤として働く方法もあり、こちらも毎日ではなく決まった曜日だけ待機します。また、非常勤は勤務時間や曜日が決まっているので、プライベートで予定が立てやすいというメリットもあるので、子育てや家事とうまく両立したい方や、他に勉強したいことがある方におすすめです。

非常勤で働くデメリットって?

逆に非常勤のデメリットとして挙げられるのが、福利厚生面や社会保険での不安です。こうした面での対象外となることが多いので、自分自身で対策しなければなりません。また、常勤の医師との連携が取りにくいのも非常勤のデメリットと言えるでしょう。

医師の求人サイトの利用がおすすめ

非常勤としての働き方にはこうした特徴がありますが、常勤で働くのは辛いけれど非常勤では不安という場合は、常勤と非常勤のかけもちといった働き方もあります。医師の求人サイトでは、希望の条件を伝えることで自分に合った非常勤医師の求人を紹介してもらえますし、自分に合った働き方について相談もできるので、働き方で悩んでいる医師の方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

医師を非常勤するメリットは常勤医師ならではのしがらみがないことと、高額の日給でしょう。いわばアルバイトのような働きかたで一般のサラリーマン程度であれば十分稼げます。